モンスターカレンダー

« 2014年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

レーザー脱毛が世界で初めて使われたのは1996年であり、
日本に導入されたのはさらに後になります。
そのため、まだ歴史が浅く、本当に脱毛効果が永久なのかどうかについては
はっきり言っていまだに実証できていないのが現状です。

今までは何をもって永久と判断するかという基準がありませんでしたが、
現在では最終照射から6ヵ月経過しても脱毛箇所が発毛していなければ
医学的に永久脱毛だとみなされることになっています。

実際に医療レーザーを適切に照射した箇所については
発毛したという人はいないようです。

ただし、脱毛サロンの光を使った脱毛方法では、
永久脱毛することはできませんが、
毛の生える周期を遅らせたり、生えてくる毛を薄く細くすることは可能です。
施術を重ねるうちにだんだんと毛が薄く目立たなくなっていくので、
気にならなくなるというわけです。
中にはほとんど生えなくなったという人もいますが、
あまり効果が見られないという人もいるので
自分に合う脱毛方法やサロン、クリニックなどを選ぶといいですね。

光脱毛を行っている脱毛サロンに関すること、脱毛方法など基礎的なことはこちらの、
脱毛サロン活用術と優良ランキング」が参考になるでしょう。

現在は永久脱毛ができるのは医療レーザー脱毛だけだと思われがちですが、
一昔前まではニードル脱毛が主流でした。
ニードル脱毛とは、細い針を毛穴に挿入してごく弱い電流を流すことで
発毛組織を熱で凝固させて、毛が生えてこないようにすることです。

ニードル脱毛のメリットは、確実に1本ずつ処理できるところで
永久脱毛率が非常に高いところです。
また、毛の色を選ばず金髪でも白髪でも確実に脱毛できます。
もちろん、色味の薄い産毛にも効果的です。

ただし、ニードル脱毛は激しい痛みを伴うというデメリットがあります。
脱毛サロンでは医療機関ではないので麻酔ができないことから
痛みに耐えながら施術を受けるとかないのです。
そのため、途中で脱毛を諦める人もいるくらいです。

また、1本ずつの処理のため、かなり時間がかかってしまいます。
光脱毛では1回の照射で広い範囲を脱毛できますので比べるとその差は顕著です。
さらに費用の面でも低価格化しつつある光脱毛よりもかなり高額になってしまいます。

現在はニードル脱毛を取り入れているところはほとんどなく、
お肌に負担をかけずにスピーディーに脱毛できる光脱毛や
麻酔で痛みを軽減しながら施術できるレーザー脱毛が主流です。

ニードル脱毛は、髭の脱毛を行っているメンズエステでも取り入れられています。
痛みが伴いますが、効果の持続性が高いので髭の脱毛には人気です。

脱毛を考えた時、多くの人は全身にするか部分にするか迷うようですね。
とりあえず、ワキだけと始めた人が他の部分も脱毛したくなり
結局は全身してしまったというケースもあるようです。
そうなると、最初から全身脱毛したほうがお得なのか気になるところですね。

サロンによって料金設定はさまざまなのですが、
ほとんどのサロンでは全身脱毛の方が断然お得に設定されています。
部分別に脱毛していく場合と全身脱毛では、金額にかなりの違いが生じます。

また、全身脱毛は計画的に脱毛を行っていくので、
部位ごとに1年かけて1箇所脱毛していくよりも
はるかに効率よく脱毛できるのです。

まずは、どうしても脱毛したい部分を考え、はっきりさせたら
カウンセリングで十分納得できるまで相談するといいですね。
そのうえで、全身脱毛か部位別脱毛かを決定することをおすすめします。
どちらがお得か細かいところまで考えたい方は、
脱毛サロンと費用のことが詳しく書かれたこちらをご参考にされるといいでしょう。

ただし、脱毛したい部分が明確に決まっている場合は
キャンペーンなどを利用してそこだけを脱毛したほうがお得です。

医療レーザーが一般的に浸透してから20年ほど経っていますが、
今のところ、医療レーザーが体に害を及ぼしたという報告はありません。
それだけ、医療レーザーが安全で安心して施術を受けられるものであることがわかりますね。

もちろん、施術の際には多少の痛みを伴い、特に顔やデリケートソーンなどの敏感な部分は
強い痛みを感じるかもしれません。
痛みは人によって感じ方に大きな違いがあるので一概には言えませんが
体に害があるような痛みではないということだけは言えますね。

ただし、光アレルギーや光感受性のある薬を服用中の人は
レーザー光に対して過剰に反応する場合もあるので注意が必要です。
また、レーザーは日焼けが強い場合や、色素性の病変がある場合も
レーザーがうまく反応しないことがあるので注意が必要です。

さらに妊娠中や可能性がある女性は、カウンセリングの際に
スタッフや医師にしっかりとその旨を伝えて判断を仰ぎましょう。
その他、気になる事や質問はカウンセリングの際にしっかりと聞いておけば安心ですよ。

プラズマ脱毛とは、脱毛サロンで行われている脱毛方法で、
光脱毛の一種ですが、キセノンフラッシュという波長の長い光線を利用したものです。
特殊偏光フィルムを光線に当てて施術するので、
お肌に負担をかけることなく、毛根を消滅させることができます。
「IPL脱毛」や「フラッシュ脱毛」とほぼ同様のしくみです。

痛みはほとんどありませんが、照射部分には軽い温かさを感じます。
1回の照射範囲が広いため、短い時間で広い範囲を施術できると評判です。
毛の周期に合わせて平均5回ほど照射すれば、脱毛が完了します。

ただし、医療レーザーのような永久脱毛ではないので
施術完了後、全く生えてこないわけではありません。
個人差はありますが、今のところ、歴史が浅いため、十分なデータがなく、
生えない人もいれば、しばらくして生えてきたという人もいるようです。

プラズマ脱毛のよい所は、脱毛と同時に美肌効果も期待できるところです。
シミやそばかす、毛穴の黒ずみなどにも何らかのうれしい効果を実感している人も
多いようなので、より人気が高まっているということです。

脱毛したいけれど、敏感肌やアトピー肌の人は何かトラブルがあったらという
心配から躊躇してしまうようですね。
けれども、どちらの肌質の人でも全身脱毛することは可能なのです。

むしろ敏感肌の人にこそ脱毛をおすすめします。
敏感肌の人は自己処理で脱毛するとカミソリ負けなどでかなりお肌に
ダメージを与えてしまうので、とても大変です。
そんな人にこそ、痛みも負担も少ない脱毛サロンでの脱毛が向いているのです。
もちろん、脱毛後のお肌ケアもしっかりとしてくれるので安心ですよ。

また、アトピー肌の人も脱毛部位に症状が表れていなければ脱毛は可能です。
全身すべてができるかどうかはわかりませんが、
一度相談してみるといいですね。
脱毛サロンの中にはアトピー肌の人でも安心して脱毛できるコースや
脱毛方法を設定しているところもあるので探してみましょう。
参考:アレルギー体質と脱毛

敏感肌の人もアトピー肌の人もあきらめずに
まずは相談して一番よい脱毛方法を検討することから始めましょう。

VIOはクリニックによって脱毛範囲が異なります


デリケートゾーンの「VIO」脱毛のことは
知っているようであまり知らない人もいるようですね。

まず、「V」ビキニラインのこと。
ショーツからはみ出る両サイドのムダ毛のことをさします。
「I」は、女性器の両サイドのこと。
そして「O」は、肛門周りのことです。

つまり、粘膜が多いデリケートゾーンのことであり、
水着などを着るときにはみ出てしまって困るという女性が多いようです。
そのため、自分で切ったり、剃ったりして自己処理している人がたくさんいます。

けれども、デリケートゾーンの自己処理は大変危険なのです。
はみ出た毛だけを切るだけならいいてのですが、
カミソリを使うのはリスクが大きくなりますね。

中には炎症を起こしたり、雑菌が入ってしまったりする人もいるので
デリケートゾーンはクリニックやサロンなどの専門店で処理することをおすすめします。

自己処理によって黒ずんでしまったり、毛穴がブツブツになることもあるので
無理な自己処理は危険なのです。

また、Vゾーンに関しては、すべて脱毛するのではなく、
ショーツから出ない範囲に狭くしたり、デザインしたりすることもできるので安心ですね。


医療レーザーでの脱毛は脱毛サロンではできません。
医師による施術が法律で決まっているので脱毛サロンのエステティシャンには
施術できないことになっています。
ですから、もし、脱毛サロンで医療レーザー脱毛を行った場合は捕まってしまうでしょう。

医療レーザーの特徴は永久脱毛が可能なところです。
毛根から破壊するので二度と毛が生えてきません。
そのため、何度も施術を受ける手間が省けると評判です。
その反面、脱毛サロンの格安な料金に比べると
少し割高になり、相場は以下の通りです。

ワキ:3,000円前後、膝下:10,000円前後、肘上:8,000円前後、
VIOライン:各3,500円前後というところが多いようです。
もちろん、クリニックによって違いますし、キャンペーンなどでお得になっていることもあるので
まずはHPを確認したり、電話やメールで問い合わせてみるといいですね。

医療レーザーは照射の際、ゴムをはじいたくらいの痛みがあるものの
永久脱毛できるので、多少高くてもしっかり脱毛したいという人にはおすすめです。

顔のムダ毛に悩んでいる女性は意外に多いもの。
そういえば、以前、テレビで女性タレントが顔のうぶ毛を毎日剃っていることを告白していたのを
見たことがあります。
毎日というのは少し大げさかもしれませんが、つまり、それくらい、女性は顔のうぶ毛を
気にしているということなのです。

気付いたときに自分で自己処理している人も多く、
ほとんどの人はカミソリなどを使って剃っているようですね。
けれども、何度も何度も剃っているとお肌が傷ついたり、
時々、失敗して顔に切り傷を作っている人もみかけますね。

そこで顔脱毛をおすすめしたいのですが、実はうぶ毛は色が薄いため、
脱毛サロンのフラッシュやIPLなどの光脱毛では、強いパワーが必要になるのです。

これらの光は黒い色に反応しますが、黒ければ黒いほど反応が強く、脱毛しやすくなります。
ですから、色が薄いうぶ毛は反応がにぶくなるといわれています。

そんな中、顔脱毛の専門コースが充実していると人気が高いのは「エピレ」です。
うぶ毛もしっかり脱毛できるだけではなく、スキンケアも同時にしてくれるので、
美肌にもなれると評判ですよ。

フラッシュ脱毛とは、脱毛サロンで人気の脱毛方法であり、
インテンス・パルス・ライトという光を発生する特殊な機器を用いて
脱毛するもので、いわゆる光脱毛の一種です。

わかりやすく言うと、カメラのフラッシュのような明るい光を照射することで
メラニン色素を含む毛根に働きかけ、毛の生成を抑えるというものです。
一瞬、軽い痛みはあるものの、レーザー脱毛のような痛みはないので
最近は脱毛サロンでも人気が高まっているのです。
また、お肌への負担も軽いところもフラッシュ脱毛のメリットです。

ただし、フラッシュ脱毛は永久脱毛ではありません。
施術した時にはその時点で生えている毛をキレイに脱毛できますが、
1ヵ月ほどするとまた生えてきます。
ですから、毛の周期に合わせて何回か施術を行う必要があります。
だいたい3~5回ほど照射すれば毛根が衰え、毛が生えにくくなってきます。

フラッシュ脱毛の光は黒い色に反応するので、日焼けした肌や色素沈着を起こしている場合には
やけどの恐れがあるので注意が必要です。
ですから、フラッシュ脱毛中は日焼けは避けるようにしましょう。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)